硬式テニス


硬式テニスの経験が無くてもまったく問題ありません。 少しでも興味のある人は練習見学に来て下さい。大歓迎です! オムニコート(砂入り人工芝)は4面あります。女子トイレ、更衣室、 ナイター設備もバッチリで練習環境として抜群ですよ。 白百合テニス部では技術面だけでなく挨拶やマナーなどの 指導もしっかり行いますので精神面でも鍛えられます。

お問い合せ TEL 0965-32-2354(学校)    顧問  石浦 謙二




平成29年度九州ジュニアテニス選手権熊本県予選大会

 3月4日から3月25日まで九州ジュニア県予選が行われました。
 大会期間中に全国選抜テニス選手権大会にも出場し最終日の調整など難しい場面もありましたが、U18シングルス準優勝田代光稀、ベスト8早川来夢/U18ダブルス第三位伊藤瑠彩・田代光稀、ベスト4松本せな・礒本澪という結果でした。
7月に行われる九州大会に県予選で準優勝であった田代光稀が出場決定しました。










全国高等学校選抜大会

 3月19日から3月26日に平成28年度全国高等学校選抜大会が行われ出場してきました。
 初戦は四国大会準優勝の愛媛県代表済美高校と対戦し3−2で勝利し、2回戦は大阪府代表の大商学園に0−5で敗退しました。九州予選は第9位となり大会の特別推薦枠で出場する事ができました。
 大会では選手宣誓もキャプテンの早川来夢が行い、熊本県の代表として貴重な経験をさせていただきました。
 個人戦では田代光稀が出場し初戦で聖霊短大付属高校のナンバーワンと対戦し2−8で敗退しました。
 全員が全国大会初出場で緊張の中での大会となりましたが、各方面から震災の心配の声や声援をいただき、テニスをできる事への喜びなど感謝の中でプレーができました。
 熊本は元気で頑張っているというメッセージを、周囲の方々に伝えられるよう戦えたと思います。












愛媛県遠征 プレインターハイ

 5月3日から6日まで行われた愛媛県プレインターハイに参加しました。
 参加校は全国でも上位チームが参加し、レベルの高いボールを実際に打つことにより、緊張感のある実戦に状態で充実した活動でした。
 最終日は大分県で強化連取試合に参加し、より県大会へ向けて意識を高められる取り組みができました。
 タフなラリーや、早い展開など、県内では経験できない試合を経験できる貴重な遠征でした。この経験を県総体で活かしていけるよう継続した練習と意識の高い準備をしたいと思います。












練習試合 in長崎

 県総体直前に長崎県で練習試合を行いました。白百合と4校の練習試合はとても充実したものになりました。この経験を本番に繋げ県総体を戦い抜きたいと思います。来週に控えた県総体に向けたとてもレベルの高い調整ができました。











熊本県高校総体

 5月27日から6月5日に平成29年度熊本県高等学校総合体育大会テニス競技大会が行われした。
 団体優勝を目指し日々継続した努力をしてきましたが、団体準優勝とういう結果でした。学園大付属高校と決勝で対戦し1−2で敗退しました。悔しい思いを引きずったまま挑んだ個人戦シングルスも準々決勝で敗退し順位決定にまわりました。
 次の日の順位決定戦は気持ちを切り替えられた事が結果に繋がったと思いますが、個人戦シングルス第5位上岡愛実、第6位早川来夢/個人戦ダブルス優勝早川来夢・上岡愛実、ベスト8西村沙代・上野百華、松本せな・礒本澪、伊藤瑠彩・田代光稀でした。
 団体戦では全国インターハイの切符を手に入れることができませんでしたが、個人戦ダブルスで8月1日から福島県で行われる全国高校総合体育大会に出場が決定しました。県の代表として最後まで戦い抜きたいと思います。
 また6月16日から6月19日に行われる全九州高校総体に団体戦、個人戦ダブルスに出場します。3年生最後の団体戦となる大会ですのでチーム一丸となり頑張ります。











九州高校総体

 7月16日から19日にかけて行われた九州総体団体戦と個人戦のダブルスに出場しました。第2シードの鳳凰高校と初戦で対戦し0−3で敗退し、個人戦のダブルスは大分県の福徳学院高校に5−8で敗退しました。
 団体戦は3年生最後の試合となり、応援もチーム一丸となり戦えたのですが、技術的にも高い鳳凰高校の選手には一歩及ばず悔しい結果となりました。
 個人戦では途中リードする場面もあったのですが、相手の粘り強いプレーに我慢ができず逆転を許してしまいそのまま最後まで持って行かれてしまいました。
 九州総体は悔しい大会となりました。個人戦のダブルスはインターハイがあるので、今回の悔しさをバネに全力で戦えるように調整していきたいと思います。












平成29年度九州ジュニアテニス選手権大会

 九州ジュニアテニス選手権大会が7月13日(水)から7月17日(月)に行われ、白百合学園からは田代光稀が個人戦18歳以下シングルスに出場しました。県予選を準優勝で勝ち上がり、九州大会に出場する資格を手に入れ、これまで大会に向け準備してきました。会場は宮崎県の総合運動公園で行われ、各県のトップクラスの選手が出場し3セットの大会でした。
一回戦は長崎県代表、大村高校の佐々野美貴選手とでした。大村高校とは良く練習試合をさせていただくので佐々野選手の強さを理解している中での試合でした。チャレンジャーという立場もあり積極的に戦えたこともあり、3時間以上の接戦に持ち込む事ができました。結果は1−6、7−5、4−6で敗退しましたが、収穫の多い試合となりました。次の夏季大会、選抜・新人戦大会に向けさらに成長していきたいと思います。













九州国際テニスクラブ合宿

 インターハイ個人戦、夏季大会に向け練習試合を福岡の九州国際テニスクラブで行いました。筑紫女学園高校、向陽高校、佐賀商業高校、鹿児島純心高校が集結し合宿を行いました。各県で意識高く取り組む高校と一緒の合宿所で活動させていただくのは、本当に貴重な体験でした。朝6時から練習するチームやミーティングを行い高い意識を持ち練習する姿勢を白百合の選手も感じたと思います。この合宿を途中で抜け、早川来夢と上岡愛実は福島県会津市へ出発します。良い刺激を受け充実した合宿に参加できたので、インターハイでは力を発揮し良い大会になるよう期待します。












平成29年度南東北総体インターハイ

 8月1日(火)から8月8日(火)に行われた南東北総体2017インターハイの個人戦ダブルスに参加しました。福岡の合宿から東京に一泊し、亜細亜大学の学生と練習をさせていただき、試合会場である福島県会津市へ向かいました。練習試合、練習コートの確保など様々な方に支えられ、本番の準備が出来た事に感謝しています。結果は初戦で埼玉県代表・山村学園の杉田選手・牧選手ペアに3−8で敗退しました。この試合までたどり着けたことや、様々な方に応援していただき、ここまで来れたことに早川・上岡の両選手は大きな感謝と喜びを感じていました。他県の強豪校との練習試合や合宿の中で、二人がここまで成長できた事は周囲の協力や応援があったからです。インターハイでは大きな経験をさせてもらいました。今後は次に繋げていけるよう後輩への指導やアドバイスを期待しています。













平成29年度夏季テニス選手権大会

 8月9日(水)から8月12日(土)に行われた熊本県夏季テニス選手権大会の結果です。2年の部シングルスで田代光稀が第7位、1年の部シングルスは小路綾乃が優勝、今村陽代里が準優勝、1年の部ダブルスでは小路綾乃・今村陽代里ペアが優勝、葭岡美優・浅井悠花が第3位とうい結果でした。1年生の部で準優勝した今村は中学まで軟式テニスをしており、硬式テニスを始めてまだ4カ月ぐらいの経験の中でシングルス準優勝・ダブルス優勝、葭岡美優と浅井悠花も同じ状況からダブルスで第三位まで勝ち上がった事は大きな収穫であったと思います。この経験を9月の新人戦、10月の選抜大会に繋げていけるよう取り組んでいきたいと思います。












平成29年度8月テニス部総会・新チーム出発会

 8月26日(土)にテニス部総会を行いました。3年生は高校での試合を終え次の進路や目標に向かって新たな戦いが始まっています。総会の後には新チームへの引継ぎが行われました。3年生の保護者の方々には本当にお世話になりました。県外遠征や試合での車出し、時には落ち込んでいる選手を励まし応援していただきありがとうございました。
3年生から新チームへのメッセージなど白百合テニス部の思いを引き継いだと思います。こんごはキャプテン磯本澪を中心に3年生にも負けない集団に育っていくと思います。応援よろしくお願いします。




















HPトップへ戻る    HPトップへ戻る