入学式



4月9日(火) 入学式

入学式の直前、新入生の教室をのぞいてみました。
担任と初顔合わせです。本日の入学式はぶっつけ本番なので、座席への進入経路や式の段取りについての説明がありました。





いよいよです。 緊張でちょっと表情が硬いかな。





さあ、新たな青春の1ページがここからスタートします!
    『新入生入場!』











聖書朗読は古島若南さん。

マタイによる福音書
  第5章 13節から16節

あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。





里木佑圭さんによるメディテーション『アヴェ・マリア』です。ゆったりとした旋律が開場に響き、目をつぶって聞き入る保護者も多くみられました。





学校長式辞。 先ほどの聖書朗読にも出てきた『塩』についても触れられました。





歓迎のことば。 生徒代表の鳥江愛菜さんです。





新入生代表挨拶。 福嶋優佳さん(氷川中学校出身)です。





式のあとに職員紹介もありました。




吹奏楽部の元気な曲と会場全体の手拍子に送られて開場をあとにしました。
このあと各教室に戻って、高校最初のホームルームが行われます。



























HPトップへ戻る