校長室  2月






2019.2.14 熊本空港にて
お見送りの宮嶋先生と最後の記念写真…


誰にもある自己成長欲求

その一.
 2月10日、NHK「のど自慢」大会が八代市総合体育館で行われました。ゲストの一人が八代出身の八代亜紀さん、そして本校生徒が予選を通過して出場するということで、めったに視聴しない私ですが、この日時を忘れずテレビに集中。いざ、マイク前に立ったその初々しい素敵な女の子に、「この生徒さん!」と、私の心は喜び躍りました。一見、おとなしく、控えめで大観衆の前で演じるタイプには見えない高校1年生。それが何と堂々たる笑顔とジェスチャーでの澄んだ歌声。合格の鐘の響きと共に大きな拍手に包まれました。今村優花さん、本当におめでとう!
 人には秘められた才能、個性があって、自己成長欲求が備わっていること。そしてそれが引き出されれば、予想外の佳い結果が出ると言うことを改めて認識したものでした。今村さんの更なる精進を祈り、応援したいものです。


その二.
 文部科学省補助事業「第一期アジア高校生架け橋プロジェクト2018」において、9月から半年間、本校2年生に所属した、アレクサンドラ・オポンさんが、留学生としての本分を立派に果たして2月14日、フィリピンに帰国しました。クラスの時間割全てに出席、放課後の部活動にも積極的に参加して多くの生徒と交わりました。日本語も驚くほど上達して、日本の高校生活を十分に満喫。彼女の自己成長意欲に感動させられました。



















HPトップへ戻る        HPトップへ戻る