団体鑑賞




11月1日(木)、やつしろハーモニーホールにて演劇の団体鑑賞を行いました。
今回はNPO法人劇団『劇団新制作座』のみなさんによるミュージカル「泥かぶら」です。




村人の子ども役で、特別出演させていただいた本校生徒3名です。
直前に歌や立ち位置の打ち合わせをして、みごとに演じきりました。




〈生徒の感想〉

宗教の時間に初めて知った『泥かぶら』のお話とは少し違う視点や登場人物があり、初めて観るような感覚で楽しむことができました。



役者さんの演技や舞台演出にとても感動し、自然と涙がこぼれました。


『泥かぶら』のお話は宗教の時間で学ぶ機会があり、とてもいい話で印象に残っていたので、その話を実際に目の前で観ることができて、感情移入してしまいました。



感動するシーンがたくさんある中で、一番印象に残ったのは、『人買い』が泥かぶらの優しさに触れ心が変わっていったシーンです。すごく心がほっこりしました。



プロの方の演技は改めてすごいと思いました。声のトーンや話し方一つでここまで人を感動させることができるのだと、魅力を感じました。





劇団新制作座のHPはこちらです

















HPトップへ戻る